• No : 430
  • 公開日時 : 2020/10/29 13:54
  • 更新日時 : 2021/12/11 08:51
  • 印刷

日本語教師になるには教育実習が必要ですか。

回答

文学部で開講されているスクーリング科目「日本語教育実習」を修得する必要があります。
 
科目の概要は、指導案を作成し、その指導案をもとに本学の留学生を対象とした模擬授業を行います。他のグループの模擬授業を見学し、授業の進行の様子や良かった点・問題点を授業観察記録にまとめます。模擬授業終了後は、良かった点・問題点について議論し、どうすればよりよい授業となるかを考えます。
 
「日本語教育実習」は、創価大学で実施される夏期スクーリング(連続4日間)、もしくはオンライン(Zoom)で実施される秋期スクーリング(土日2週連続4日間)で開講しており、いずれかのスクーリングを受講していただきます。
「日本語教育実習」は、事前に定められた科目を履修、受講していないと受講ができませんので、「履修登録の手引き」を参照するようにしてください。
 
なお、現在、日本語教師の養成基準について文化庁で審議されております。
今後、基準の変更に伴い教育実習の開催形式が変更になる場合があります。